チーム医療の確立、他施設他大学との交流、教育システムの構築などを進めながら魅力ある新たな教室作りをしていきます。

滋賀医科大学 脳神経外科学講座ホームページ トップに戻る

教育・研修について

先輩の声

設楽智史(したらさとし)
平成20年度 滋賀医科大学卒業

設楽智史 (したらさとし)

はじめまして、平成20年卒の設楽と申します。

高校生の時に頭部外傷をきっかけに医師を目指すもセンター試験に阻まれ、一度目は理学部に入学しました。しかしまたそこで、体育会アメリカンフットボール部に入部したため、再度頭部外傷に興味をもち、大学院途中で医学部再受験を決断しました。

漠然と脳神経外科を専攻することは考えていたものの、初期研修の際に大学病院でAVM手術を拝見させていただき、脳という臓器の多様性ならびに奥深さを知り、一生の専門とするきっかけになりました。

他大学の同期の先生方から話を聞くとただただ恐いだけのカンファレンスも、滋賀医大では野崎先生の人柄のせいか、教育的でも優しく、スタッフの先生方が後輩一人一人を大事にしていただいていると実感できるものでありました。

現在は奈良県の天理よろづ相談所病院に在籍し、非常に症例が多く忙しさに圧倒されながらも、血管障害から腫瘍・外傷まで多種多様な病変に臨機応変に対応するべく研鑽を積んでおります。大学病院では系統的な考え方を実臨床を題材として効率よく身につけることができ、その考え方を現在の病院で応用しながら効果的に経験を積むことができていると実感しております。

日々研鑽の毎日ですが充実しており、あらためて滋賀医大の脳神経外科医局に入局してよかったと感じております。医局員全員がその全員の顔を知っており、各学会会場でも気さくに声をかけていただけるこの雰囲気は、我が医局ならではと自信を持っております。脳神経外科専攻を考えている方は一度連絡してみてください。