チーム医療の確立、他施設他大学との交流、教育システムの構築などを進めながら魅力ある新たな教室作りをしていきます。

滋賀医科大学 脳神経外科学講座ホームページ トップに戻る

脳神経外科学講座について

当教室の歴史

滋賀医科大学脳神経外科学教室は、昭和54年4月1日に診療科として設置され、初代半田讓二教授以下5名でスタートしました。平成11年1月1日に2代目松田昌之教授に引き継がれ、平成20年2月1日より3代目野崎和彦教授を迎え現在に至っています。平成26年4月1日現在の大学スタッフは教授1、准教授1、講師2、助教4、医員2、後期研修医2名、大学院生1名で、約70名の同門会員を擁し、近畿圏を中心に多くの医師を輩出してきました。脳神経外科外来は附属病院外来棟1階,脳神経外科病棟は新病棟5階(5D病棟)、脳神経外科医局と研究室は医学部臨床研究棟3階にあります。


 歴代教授

 初代 半田譲二教授

初代 半田讓二教授  

昭和54年4月滋賀医科大学医学部脳神経外科学講座初代教授に就任。平成9年4月滋賀医科大学副学長、付属病院長に就任。平成13年3月副学長退官。滋賀医科大学名誉教授。平成25年瑞宝中綬章受勲。

2代目 松田昌之教授

2代目 松田昌之教授

平成11年1月滋賀医科大学医学部脳神経外科学講座教授に就任。平成19年3月退官。滋賀医科大学名誉教授。現在、医療法人社団昴会顧問・滋賀県健康福祉部顧問。

 

 沿革

1979年4月1日 脳神経外科学講座開講。
医師は京都大学医学部脳神経外科から半田讓二教授(現名誉教授)、上條純成助教授(故人)、松田功助手(現松田医院院長)、佐藤学助手(現洛西シミズ病院名誉院長)、中洲庸子研修医(現静岡県立静岡がんセンター脳腫瘍センター長 兼 脳神経外科部長)の5名が赴任。
非常勤講師に半田肇京都大学脳神経外科教授(故人)、小山素麿大津市民病院脳神経外科部長(現脊髄疾患臨床研究所所長)、山下純宏京都大学脳神経外科講師(現金沢大学名誉教授)、五十嵐正至大津市民病院脳神経外科副部長、秋口一郎京都大学老年科助手(現武田病院神経脳血管センター所長)が就任。
1979年4月2日

外来診療開始。
付属病院診療従事医師に滝和郎医師(現三重大学名誉教授)、山形専医師(現倉敷中央病院副院長)が就任。4月3日、入院診療開始(6A病棟)。
4月12日、手術開始。

1980年1月1日 松田昌之講師(現名誉教授)就任。
1月17日病棟へ移転(3C病棟)。
5月8日病棟へ移転(3B病棟)。
1980年7月1日

日本脳神経外科学会認定訓練場所に指定。

1981年6月16日

滋賀医科大学医学部第一期生入局。

1997年4月1日

半田讓二教授 副学長・病院長に就任。

1999年1月1日

松田昌之教授就任。
中洲敏助教授(現草津総合病院脳腫瘍診療科部長)、鈴木文夫講師(現湖東記念病院副院長)、椎野顯彦講師(現MR医学総合研究センター准教授)が就任。

2001年3月31日

半田讓二病院長退官。

2007年3月31日

松田昌之教授退官。9月23日病棟移転(5D病棟)

2008年2月1日

野崎和彦教授就任。

2014年4月1日

スタッフは野崎和彦教授、中澤拓也准教授、辻篤司講師、深見忠輝講師、地藤純哉、新田直樹、横井俊浩、高木健治の各助教、齋藤実、吉村弥生、北村智章の各医員の計11名。

 

医局員は1981年滋賀医科大学医学部第一期生の入局を皮切りに数を増やし、現在総数は70名。脳神経外科専門医は、滋賀医科大学脳神経外科開設当初、滋賀県には当院に2名、大津市民病院に1名の計3名のみであったが、現在では滋賀医科大学脳神経外科学講座の医局員のうち55名が取得しており、滋賀県の脳神経外科医療に貢献している。学問においては現在までに34名の博士を当科からは輩出しており、医局員の約半数が博士を有するに至っている。